PSO2チーム チューチューロケット Space station no.3セカンド

PSO2のチーム、チューチューロケットの二代目ブログでございます。




★チューチューロケットのブログへようこそ!
★PSO2辞書&シンボルアート配布中!!
◎PSO2チーム『チューチューロケット』メンバーによる共有ブログです。
◎チームメンバーなら誰でも記事を書けるようにしたいと思ってます。

役に立たないボスSS

お久しぶりです、くしろです。

やー前回(移転前のブログ)のコメント今更読みました。
嬉しい!(遅い

というわけでまたまたちょっとSSを載せていきたいと思います。
今回は二枚…かな?
設定6のものと5のものが混じってますが
お暇があれば覗いていってくださいまし(´∀`*) 

よければ続きからどぞー! 続きを読む

~チームメンバーへの告知~

さて、チーム内アクティビティ後半の20日について告知しますよー!
集合は20日夜の22:30チームルームに集合ですよー !!
続きを読む

箱 NINJAのちょっとしたOP付け記事(ステⅤについて)

(この記事を読む前に、wikiなどである程度能力付に対する知識を付けておくと尚良いと思います http://pso2.swiki.jp/index.php?%E7%89%B9%E6%AE%8A%E8%83%BD%E5%8A%9B%E8%BF%BD%E5%8A%A0

ドーモ 皆=サン キャストNINJAのシュワチことzeiramuデス


さて、今回から本格的にOP付けについての記事を書いて行こうかと思います。(SSの技術もプレイスキルも無いわしにできる唯一のことってこれ位なのよね・・・)
 
で、今回書く第一回目の内容ですが、タイトルにもあるように
「ステⅤ」について書いて行きます。

え?初っ端からステⅤてレベル高くないかって?普通はステⅢとかからだろって?
知らん


 だってもう他の所でステⅢとかちょい上のステⅣとかの記事なんて腐るほどあるんですもん・・・ステⅤだってもう他の所とかで出てるんですもん・・・

とまぁ泣き言は置いといて、実際のお話。

ステⅤと聞いてそれを実際に武器や防具に、しかも5スロ以上で付けてる人なんて早々見ませんよね?(え?見るって?やだなぁお客さんご冗談を) 

ステⅤというのは文字通りステータスアップ系のⅤのことです。

早い話、「パワーⅤ」「シュートⅤ」「テクニックⅤ」などといった各ステータスを上げるOPのこと全般を指します。

で、このステⅤ、中々付かない理由にはいくつかありますし、皆さんも付けたがらない理由は諸々あるでしょうが、大きく分けて以下のような理由が挙げられます。


・素材の値段が高い
・ソールによる触媒が機能しない
・成功率が低い

皆さんの中にも「わかるわ~」なんて思った人もいるのではないでしょうか?

実はわしもです。

わしだってこんな高いリスクと高いコスト払いたくねーですもん

え?じゃあなんでてめぇで作ったこともねーのにいけしゃあしゃあと書こうとしてるのかって?

まぁまぁ兄弟。まずは落ち着いて振り上げた拳を下して聞いておくれ。

まぁ、言ったようにわしだって自前の装備は高くてステⅣ、大抵はステⅢで構成した5スロ~4スロの武器防具しか装備していません。

けどこれはあくまで自分の装備する分に限っての話。

先にも言ったようにステⅤで尚且つ良い物の付いた5スロは武器防具共に高値で取引されるのでショップで販売する分には製作してるんです。

さて、前置きが長くなったので話を進めましょう。

皆さんも知っている通り、OP付けで新たにソールを追加する場合、ステータスにはソール触媒による継承ボーナスが付いて行きます。
(例えば、「ヴォルソール」なら「パワー」「スタミナ」「バーン」にボーナス)

これ、触媒が通用するのはⅢの継承とⅣの合成(Ⅲを2~3個混ぜて行う)の時に発生します。

皆さん。これを見て気が付きましたか?

はい。Ⅳ、Ⅴの継承にはこのボーナスは発生いたしません

じゃあ実際のⅤの合成と継承の素の成功率はどれくらいかと言いますと・・・

合成・・・30%(Ⅳ×3個による)
継承・・・60%(Ⅴ×3個による)

はい、そこのお兄さん。石を投げようとしないでわしの話をもう少し聞いてください。

確かにこんな成功率じゃいくら確率アップがあるとはいえ手を出したくないですよね。

しかもこれに拍車をかけるかの如くステⅣの多スロは5スロで約200kメセタ~取引されてます。

ステⅤに至っては安くて500k、酷い時には1 M以上の値が付きます。

この素材の高騰が更に追い打ちをかけてる訳です。

じゃあメセタ持ちの奴にしかステⅤなんて贅沢な物持てぬのかと言えばそうではありません。

ある程度の資金と資材と運があれば実は5スロまでならわしみたいなあっぱらぱーにだって作れてしまうのです。

では、本日の本題たるその作り方についてわし流のやり方をさっくりと書いて行こうと思います。(続きからをご参照ください)

続きを読む